DAHON K3のリムテープ交換

自転車

DAHON K3で遠出をする予定の時は事前に細かく点検します。その時に交換したDAHON K3のリムテープの話です。

 

スポンサーリンク

リムテープの交換周期は一般的に1年

フロントタイヤのバルブがちょっと斜めになっている事に気付き、タイヤを外してみるとご覧の有様。

前回交換したのが約1年前でブロックタイヤをお試しで履いたタイミング。約1年の走行は1,373㎞とたいした距離を走っていないが、かなりズタボロ (-ω-|||)

使用しているリムテープはSCHWALBE HIGH PRESSURE RIM TAPE 18㎜で特別品質が悪いという事はなさそう。

前回交換した時は標準添付のリムテープだったが、走行距離2,077㎞で同じようにズタボロ。

ちなみにズタボロになるのはフロント側だけで、リア側は傷んでるが想定できるレベル。

これは前回交換した標準添付のリムテープで、この時もリアは同じように傷みは少ない感じだった。

これがDAHON K3や14インチ自転車の特有の現象だったらもう少し情報が見るかりそうだが、検索して引っ掛からない所を見ると乗り方が悪い?

まぁ、思い当たる節しか無いんですけどね。  (´-ω- )

とりあえずフロントは張り替えたが、リアは劣化の進行具合を見たいので、このまま様子見。

おわりに

貼り付けタイプのリムテープがまだまだ残ているので購入しないが、標準と同じループ状のリムテープもAmazonで見つけられた。

Amazonの画像で見る限りは標準で付いていたリムテープと同じ”YAGUAN”だったので、極端に品質が変わる事は無いはず。中国発送ってのが気になるが、14インチ自転車の保守部材の選択肢が広がるのは単純にありがたい。 (`・ω・´ )